Home > iphone | コンピュータ | 城直樹のつぶやき > グローバルIP

グローバルIP

自宅のパソコンも普段持ち歩いているノートパソコンもハードディスクがいっぱいになっているので、そろそろハードディスクを買わなければと、数週間前から検討していて、やっぱりネットワークハードディスクがいいなぁということで、

「BuffaloLink Station Ls-XHL 1.0TL」

を購入。外部からインターネット経由でアクセスも出来るみたいだし、iPhoneでのアクセスにも対応と書いてある!

これはいいぞ!便利だぞ!ということで、購入してセットアップしてみるも、まったく外部からアクセスできず。

いろいろと考えうる設定をいじりつつ、何度も挑戦するも、つながらず。。。

そこで、メーカーのウェブページのQ&Aにこんな記事を見つけた。

3.プロバイダーからプライベートアドレスを割り振られていないか確認します
プロバイダーからプライベートアドレスが割り振られている場合はWebアクセス機能 が使えません。 ルータのIPアドレスが以下の場合は、プライベートアドレスが割り振られています。 アドレス範囲 標準サブネットマスク 10.0.0.0~10.255.255.255  255.0.0.0 172.16.0.0~172.31.255.255   255.255.0.0 192.168.0.0~192.168.255.255    255.255.255.0

調べてみたら、見事に我が家のルーターにはプライベートアドレスが割り振られていた。そりゃ、外部からアクセスできないなぁと納得。そうだよなぁ。

店頭に置いてあったハードディスクの箱に書いてあった宣伝文句を信じて買ったのに、結局一番使いたかった外部からのアクセスというのは出来ないことが判明。

メーカーはネットワークの知識が豊富にある人しか、こういった機器は買わないと思っているのだろうか。そりゃ、いろいろとやりながらで調べますが、買う前にチェックすべき項目とか書いていて欲しかったなぁ。高い買い物だし。ルーターのIPを調べるというのは買う前に最初にやるべきことのひとつですよ。この製品のWEBアクセスを使いたかったら。

きっとこれを買って、ああだこうだやりながらで、ウェブアクセスが出来ないと泣いている人たちはたくさんいると思うけどなぁ。

現在、我が家で使っているKDDIのプロバイダでグローバルIPが取得できるか調べたところ、法人契約のみに対応しているとのこと。今は個人契約のままなので、今すぐには、グローバルIP取得とはいかないようです。

来月、実は引越しがあるので、その時にはグローバルIPの取得をしたいと思います。

Home > iphone | コンピュータ | 城直樹のつぶやき > グローバルIP

Search
Feeds
Meta

Return to page top