Home > 城直樹のつぶやき > 帰って来たAER

帰って来たAER

AERのアンプ、Compact mobile をようやく修理先から引き取りました。

修理に出していたのですが、かなり放置しておりました。。。

だって修理代で10何万円もかかるものですから・・・。

買ってから一度修理に出したことがあって、その時は8万円の修理代がかかりました。

そして、二度目が今回で、修理代で12万円。。。

高い!高すぎるぞ!!

ということで、しばしほったらかしにしておいたのです。。。スミマセン、楽器屋さん。。。

しかし、ついに意を決して取りに行きました。

現在、AERのアンプは日本の輸入業者は変わったようです。

そして、値段も元々高かったのですが、さらに高くなっています。

この機種だと定価で24万円ほど。買値では19万円ほどのようです。

僕が買ったのが2000年頃だと思います。

その時で17万円ほどだったかな。

はっきり言って高すぎます!!

2000年の頃はあんまりいいアコースティックギター用のアンプが出回っていませんでした。

さらに言うと、バッテリー内臓型のいいアコースティックアンプは皆無でした。

それで、この機種を買いました。

いろいろな国に連れまわして、いろいろな場所で弾きました。

相当、使っているので修理もしょうがないかなと思います。

・・・

さて、2010年の今ですが、AERに比べても遜色ないアコースティックアンプはたくさんあると思います。

しかも、AERより安いです。

もし、路上で演奏したくて電源が必要であれば、カーバッテリーとインバーターを使った方がはるかに安く済みますし、

バッテリーの持ちもこちらのほうが長いです。

AERのいいところももちろんありますが、高すぎです(笑)!!

特別な思い入れや、特筆すべきいい点を発見できない人は、

まずは他のアンプからお試しすることをお勧めします。

  1. No.1

    なるほど 所詮輸入品は関税 問屋 運送屋 がかかわる分その価値以上の値段が上乗せされるんだな 。 円高のとき以外かうもんじゃねーな。 参考になったわ 沖縄ではモノがないから試奏すらできないんだ  泣

    Comment by gum — 2015/3/25 水曜日 @ 18:53:44

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

元テーマのコメント消去ここまで-->

Home > 城直樹のつぶやき > 帰って来たAER

Search
Feeds
Meta

Return to page top